二次会景品を選ぶ前に

二次会にぴったりの景品選び

二次会の景品で食品を選ぶ時

二次会の景品で食品を選ぶ時 二次会の景品で食品を選ぶ時には、ちょっと注意が必要です。
まず、生もののような日持ちのしない物はもらっても困る人も少なくありません。
調理が必要な食品などは独身の男性が引き当ててしまったら、調理の仕方が分からず腐らせてしまう事もあるのでかえって迷惑だったりします。
受け狙いでわざとそういったちょっと戸惑うようなものを選ぶ場合もあり、親しい仲間内などであれば面白い演出になるかもしれませんが、会社の大きな忘年会などであればだれでも喜ぶような無難な物を選ぶ方が安全です。
上司が引き当てても大丈夫な物を考えるのが一つの目安です。
二次会の景品として選ぶのであれば、誰が引き当てても喜んでもらえるような、賞味期限が長めの手軽に食べられるものが良いでしょう。
クッキーの詰め合わせや高級チョコレートなどはほとんどの人が好んで食べてくれますし、家族のいる人はお土産にもできるので喜ばれます。
また、電車移動の人の事も考えて、あまり重くない物を選ぶのも大切です。
保存がきくからと言って、お米や飲み物のような重いものを選んでしまったら、当てた人が帰り道大変になる事もあり気の毒です。
二次会の景品に適した食品は、ある程度日持ちのする、一般受けする物を選ぶ事が喜ばれるコツです。

二次会の景品に使うもの

二次会の景品に使うもの さまざまなイベントには二次会が開催されることが非常に多く、二次会で行われるゲームやその景品などを事前に準備しておく必要があります。
二次会の景品に何を使うのかは、幹事同士が相談して決められます。
例えば、商品券やビール券などの金券は実用的でとても喜ばれますし、帰りに荷物にならない点もスマートです。
その他にも、高級牛肉やカニなどの魚介類は、普段は自分でなかなか買わないものですので人気があります。
幅広い世代が毎日使うものを景品に選ぶと満足してもらえる傾向にありますので、コーヒーや紅茶などのドリンク類、カップ、お菓子などを選ぶ幹事も多いのです。
家族が多い人には食料品が最適ですし、一人暮らしの独身者にはオシャレなインテリア用品やビール券などが人気となっています。
できるだけ多くの参加者が笑顔になって盛り上がるようにさまざまな工夫を凝らして景品選びを行っているのです。
このように、二次会の商品を選ぶ際には、もらった側の立場に立ってより実用的なものに決めると大変満足してもらえます。
忘年会や結婚式など華やかな席でその場の雰囲気を一気に盛り上げる手段としても重要といえます。
中身を開けるワクワク感もまた一興です。

二次会景品おすすめサイト

結婚式の二次会でどんな景品が人気があるのか、皆どんな景品を選んでいるのかがまるわかり!

二次会 景品